2014年01月17日

長距離射撃用アクセサリー □Shotshow2014

ICSがtransform4の日本語訳を募集してたので応募したのですが何もレスポンスがありません。
勝手に個人blogにも載っけていいものなのでしょうか。。。


エアガンにも使えそう新製品レビューなのでご紹介します。
レールに埋め込む水平器のお話。
製品は先日ご紹介したMEGAが手がけたものです。

記事の著者は長距離射撃(最近は3Gunも)の競技者で、
NRA 300 yard Civilian Nationalの記録保持者だったりします。



MEGA Levels The Competition
http://www.thefirearmblog.com/blog/2014/01/14/mega-levels-competition/




Anette Wachter 

私は以前語ったことがあるけど、幾つものARマニュファクチャーがそこら中で生まれてきた中で、
たまにびっくり箱から飛び出してきたようなアイディアを見かけることがある。

Shotshowまでの道中、空港にいるMEGA-ARMSを訪れてみた。
私のいる北西部のとある凄い企業から、是非ともMEGAのブースに行って新製品をチェックしたほうがいいと言われていたの。
MEGAは5年目の出展で、毎年フレッシュなアイテムを出し続けてきた。
この年は”level”と言う天才的なアイディアを持ってきた。
聞いたことある?知らない人は興味ない話かもね。


※レベル:水平器



 TheMegalithicTacticalSystemはアッパレシーバーレールかハンドガードレールの間に埋め込めるレベルなの。
頬漬けした状態で完璧な視界を確保したい場合は、捻って引っ張れば外せる。

私はスコープが視界を遮るかと思っていたけど、そんなことはなかった。
スコープを覗いていない方の目で同時にレベルを見ることができるの。

ちょっと前に、ストックの根本か、方式はちょっと違うけどスコープにつける物は見たことがある。
でも、ストック付近にあれば目に近すぎてボケる。それだけで視界から消えてしまい、拡大鏡が必要になるわ。

Megaの方式はちがう。まるで晴れの日のようにクリアに見える。
長距離射撃の際のレベルの使い勝手は私は知っている。

レベルがないとサイトピクチャーが左右に振れてしまう。
このことはアイアンサイトで1,000ヤードを1MOA(注1 10.4インチ)で狙う際、非常に重要だと気づいたの。

まぁ詳細はwww.megaarms.comをチェックして(注2)


注1 MOAは角度の”分”のこと。1,000*tan(1/60)=0.29(yard)=10.4(inc)≒27.7(cm)
注2 まだ更新されてません





同じカテゴリー(新製品:実銃)の記事画像
トルコ軍、新型ライフルMPT-76発表
Magpulが新規格M-LOK発表
擬似フルオートトリガー
自己潤滑性を持つコーティングなお話
ダブルバレルFG42
Toni system AR-15
同じカテゴリー(新製品:実銃)の記事
 トルコ軍、新型ライフルMPT-76発表 (2014-05-13 23:12)
 Magpulが新規格M-LOK発表 (2014-04-25 19:21)
 擬似フルオートトリガー (2014-04-11 19:37)
 自己潤滑性を持つコーティングなお話 (2014-04-09 18:26)
 ダブルバレルFG42 (2014-03-14 17:45)
 Toni system AR-15 (2014-02-25 18:37)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。