2014年01月20日

メキシコ麻薬戦争

たまたまAljazeeraを見ていたら興味深い記事がありましたので引用・意訳します。


Al-jazeeraの記事はCreative common(注1)により保護されていますが、
私ごときが偉大なマグナム・フォト(注2)の写真を2次公開するの恐れ多いので、
他の写真はAl-jazeeraを直接見ていただければと思います。

ただ、サムネ用に一枚お借りしております。

使われている装備にも注目すると、AKとM16系が主流なようで先進国の支援を受けていないのがわかります。
さて、皆様の目には麻薬戦争がどう映るのでありましょうか。


In Pictures: Mexico vigilantes battle cartels
写真で語る、自警団vs麻薬カルテル
http://www.aljazeera.com/indepth/inpictures/2014/01/pictures-mexico-vigilantes-battle-cartels-2014115124611419560.html





○自己防衛のために立ち上がったミチョアカン州の自警団は強力無比な麻薬カルテルと戦い続ける

巨大麻薬カルテルが根城にしているメキシコで、”fuerzas autodefensas”(自衛軍)と呼ばれる武装自警団や、
セルフディフェンスグループが昨年結成された。
最近の話では、彼らはミチョアカン州のコミュニティを奪還するということでさえやってのけている。
一例では、テンプル騎士団カルテル(注3)の要所である都市を包囲し、激しい戦闘の後に近郊の町を占拠した。

民兵は奪還した町の警察を武装解除して拘留し、
警察と政府軍はカルテルに関与して腐敗していると糾弾しています。


注1:https://creativecommons.org/tag/al-jazeera
注2:キャパ、ブレッソン、ロジャーが立ち上げた世界最高の報道写真家集団。
   管理人のお気に入りはプラハの春で有名なクーデルカです。
注3:ミチョアカンファミリーの精神的指導者Moreno Gonz?lez(1970-2010)死後に結成。
   MorenoGonzalezは単なるドラッグの密売ではなくカルト信仰とともにドラックを取り扱ったことで有名。
   このカルテルはメキシコ連邦警察との銃撃戦で死亡後に他カルテルと協同出資で生まれた。
   そのためLa Familiaではなく騎士団と自称する。
   活動範囲はミチョアカン、ゲレロとメキシコ州で、構成員には”社会正義のために戦って死ね”と吹き込む。
   法王来墨の際に"在来中は非暴力を宣誓する"等の敬意を払うこともあった。 (英語版wikipedia要約)




同じカテゴリー(時事問題)の記事画像
Glockがエアガンショプを提訴②
実銃をモデルガンに見せるギャングたち
Glockがエアガンショプを提訴
CNNでロシア軍侵攻嘘記事
メイン州でもエアガン規制騒動
カリフォルニアでエアガン禁止令?
同じカテゴリー(時事問題)の記事
 Glockがエアガンショプを提訴② (2014-04-23 19:02)
 実銃をモデルガンに見せるギャングたち (2014-04-16 18:31)
 Glockがエアガンショプを提訴 (2014-03-05 18:37)
 CNNでロシア軍侵攻嘘記事 (2014-03-02 10:28)
 メイン州でもエアガン規制騒動 (2014-02-05 19:21)
 SB199 ② (2014-01-25 23:31)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。