スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年01月20日

メキシコ麻薬戦争

たまたまAljazeeraを見ていたら興味深い記事がありましたので引用・意訳します。


Al-jazeeraの記事はCreative common(注1)により保護されていますが、
私ごときが偉大なマグナム・フォト(注2)の写真を2次公開するの恐れ多いので、
他の写真はAl-jazeeraを直接見ていただければと思います。

ただ、サムネ用に一枚お借りしております。

使われている装備にも注目すると、AKとM16系が主流なようで先進国の支援を受けていないのがわかります。
さて、皆様の目には麻薬戦争がどう映るのでありましょうか。


In Pictures: Mexico vigilantes battle cartels
写真で語る、自警団vs麻薬カルテル
http://www.aljazeera.com/indepth/inpictures/2014/01/pictures-mexico-vigilantes-battle-cartels-2014115124611419560.html





○自己防衛のために立ち上がったミチョアカン州の自警団は強力無比な麻薬カルテルと戦い続ける

巨大麻薬カルテルが根城にしているメキシコで、”fuerzas autodefensas”(自衛軍)と呼ばれる武装自警団や、
セルフディフェンスグループが昨年結成された。
最近の話では、彼らはミチョアカン州のコミュニティを奪還するということでさえやってのけている。
一例では、テンプル騎士団カルテル(注3)の要所である都市を包囲し、激しい戦闘の後に近郊の町を占拠した。

民兵は奪還した町の警察を武装解除して拘留し、
警察と政府軍はカルテルに関与して腐敗していると糾弾しています。


注1:https://creativecommons.org/tag/al-jazeera
注2:キャパ、ブレッソン、ロジャーが立ち上げた世界最高の報道写真家集団。
   管理人のお気に入りはプラハの春で有名なクーデルカです。
注3:ミチョアカンファミリーの精神的指導者Moreno Gonz?lez(1970-2010)死後に結成。
   MorenoGonzalezは単なるドラッグの密売ではなくカルト信仰とともにドラックを取り扱ったことで有名。
   このカルテルはメキシコ連邦警察との銃撃戦で死亡後に他カルテルと協同出資で生まれた。
   そのためLa Familiaではなく騎士団と自称する。
   活動範囲はミチョアカン、ゲレロとメキシコ州で、構成員には”社会正義のために戦って死ね”と吹き込む。
   法王来墨の際に"在来中は非暴力を宣誓する"等の敬意を払うこともあった。 (英語版wikipedia要約)  
Posted by newshub at 19:05Comments(0)時事問題

2014年01月19日

KWAスタンダードM4 ERG





AirsoftNWからのレポートです。

世界1億人のノーマルM4ファンの皆さんがKWAへ”欲しいのは”マグプルじゃないんだ”と伝えた結果が出てきました。

尚、マガジンは新型になり120発装填できます。
バッテリーは後方配線でクレーンストックの中に入ります。














尚、AK74のERGも展示されているそうですが、こちらは2012年のShotshowで発表されています。
発売間近ということなんでしょうか?

こちらは以下のようになります。尚、二日酔い+音質が悪いため大事なことを聞き逃しているきがします。
現地レポートには是非ともステレオマイクではなく指向性のモノラルマイクを使って欲しい(^_^;)

・コンパクトモデルも開発中
・レシーバ内にブローバック機構
・ハンドガード内にバッテリー
・Pmag風のマガジン
・スライドストップ(?)

via http://www.scoop.it/t/thumpy-s-3d-house-of-airsoft-scoop-it



  
Posted by newshub at 11:17Comments(0)新製品

2014年01月18日

KWA KME45C KMEの意味は?





airsoftmedicineによるKWAへのインタビューがありますが、凄いニュースを公開しているわけではないのでちょこっとだけまとめます。

・架空銃である
・KMEの意味はKwa Multi Engagement 45cal Compact
・スペシャルプロジェクトの早期試作品で、今年度中には出せない


49連マガジンのラインをなんかに活かそうということなんでしょうか。
架空銃であればセブロをお願いしたいのですが。。。

  
Posted by newshub at 11:13Comments(1)新製品

2014年01月17日

長距離射撃用アクセサリー □Shotshow2014

ICSがtransform4の日本語訳を募集してたので応募したのですが何もレスポンスがありません。
勝手に個人blogにも載っけていいものなのでしょうか。。。


エアガンにも使えそう新製品レビューなのでご紹介します。
レールに埋め込む水平器のお話。
製品は先日ご紹介したMEGAが手がけたものです。

記事の著者は長距離射撃(最近は3Gunも)の競技者で、
NRA 300 yard Civilian Nationalの記録保持者だったりします。



MEGA Levels The Competition
http://www.thefirearmblog.com/blog/2014/01/14/mega-levels-competition/




Anette Wachter 

私は以前語ったことがあるけど、幾つものARマニュファクチャーがそこら中で生まれてきた中で、
たまにびっくり箱から飛び出してきたようなアイディアを見かけることがある。

Shotshowまでの道中、空港にいるMEGA-ARMSを訪れてみた。
私のいる北西部のとある凄い企業から、是非ともMEGAのブースに行って新製品をチェックしたほうがいいと言われていたの。
MEGAは5年目の出展で、毎年フレッシュなアイテムを出し続けてきた。
この年は”level”と言う天才的なアイディアを持ってきた。
聞いたことある?知らない人は興味ない話かもね。


※レベル:水平器



 TheMegalithicTacticalSystemはアッパレシーバーレールかハンドガードレールの間に埋め込めるレベルなの。
頬漬けした状態で完璧な視界を確保したい場合は、捻って引っ張れば外せる。

私はスコープが視界を遮るかと思っていたけど、そんなことはなかった。
スコープを覗いていない方の目で同時にレベルを見ることができるの。

ちょっと前に、ストックの根本か、方式はちょっと違うけどスコープにつける物は見たことがある。
でも、ストック付近にあれば目に近すぎてボケる。それだけで視界から消えてしまい、拡大鏡が必要になるわ。

Megaの方式はちがう。まるで晴れの日のようにクリアに見える。
長距離射撃の際のレベルの使い勝手は私は知っている。

レベルがないとサイトピクチャーが左右に振れてしまう。
このことはアイアンサイトで1,000ヤードを1MOA(注1 10.4インチ)で狙う際、非常に重要だと気づいたの。

まぁ詳細はwww.megaarms.comをチェックして(注2)


注1 MOAは角度の”分”のこと。1,000*tan(1/60)=0.29(yard)=10.4(inc)≒27.7(cm)
注2 まだ更新されてません  

Posted by newshub at 19:18Comments(0)新製品:実銃

2014年01月16日

KRISSより電動M4

KRISSより電動M4




Vectorで有名なKRISSからKrytac名義で電動M4を出すとアナウンスがありました。

http://www.youtube.com/watch?v=A_BsMmKKU8U&feature=em-uploademail


airsoftmedicineがレポートしてくれてます。
意訳(会話が早いのでちょっと怪しい)
「私はいまショットショーではなく秘密の場所に来ています。
 ここでは未公表の新製品が展示されています。
 Alan!こっちに来て。多数の動画に彼が出演してご存知かもしれませんが、彼はVectorで有名なKRISSの人間です。
 製品について少し教えて下さい」
「KRISS USAのAlanです。今日、KRISSはエアガンの新しいブランドと製品を発表いたしました。
 これがAEGのプロトタイプになります(注 43秒頃)。
 我々が設計し、生産リソースをつぎ込みます。
 本体以外にもアクセサリー、法執行機関向けトレーニング機器なども」
「11月頃にはお店で買える?」
「No。すぐ先のドイツのショーでラインナップ公表できると。たぶん4月公表だね」
「何か目新しい機能とかあれば公表できますか?」
「撮影されている前では言えませんよ」



https://www.facebook.com/krytac/posts/546829948745939?notif_t=notify_me
リリース文はfacebook経由で出ていますので、こちらは訳しときます

KRISSグループはKRYTACという新ブランドを立ち上げます
KRYTACはホビーとプロ用トレーニングツールのためのブランドです。
このブランドはエアガン、非殺傷用訓練器具や22口径リムファイアのためのブランドです。
KRISSグループが手がけてきたモダンな設計と高品質な製造能力を活かし、
KRYTACが市場の製品を上回る革新的な製品をお届け致します。

SHOTshow2014に参加してくださっている方々限定にKRYTACのエアガンを公開しております。
KRYTACからの新製品は5種類のエアガンで、豊富なカラーを用意しておりまして、
商品はQ2に提供できるよう取り組んでおります。
価格と詳細につきましてはドイツのIWA2014エキシビジョンにてリリースいたします。
その他のKRYTACのKRISS製品やLWRC製品を含むラインナップは今年度中に公表いたします。

その他の詳細につきましてはSHOTshowブース#432もしくはwww.krytac.comまでお願いいたします。

IWA2014は3月7~10日にニュルンベルクで開催されます。
スイスの会計年度は1月始まりなのでリリース(公開or発売?)時期であるQ2は丁度IWA2014の後ですね。
ご都合つく方はニュルまで行ってみては如何でしょうか。  
タグ :M4KRISS

Posted by newshub at 19:14Comments(0)新製品

2014年01月15日

新製品 ShotShow2014



仕事をサボりながらShotshowをリアルタイムでレポートしてくれているサイトを探していましたが、
どうやらメディアの皆さんはレンジで新製品を楽しんでいた模様。
ところがRedditで普通に情報が集まっていました。
今後はThumpy's 3D House of Airsoftさんも巡回先に加えたいと思います。

新製品
・ASG ScorpionEVO (電動)
・Elite Force 2014 New Improved M4 CQB
・KWA ATP compact
・KWA CZ-75マシンピストル
・KWA KME-45
・KWA MASADA GBB
・KWA MP40
・KWA Skorpion Vz.61
※マカロフはKWAブースに見つからなかったようです(´;ω;`)


新メーカー
KRYTAC
→KRISSからエアガン部門。 詳細は2,3ヶ月後。



Leapers、ICSなども参加していますが、情報がwebにありません。
まだ初日ですので、パンツ脱いで正座して待ちたいと思います。

私イチオシのCZをプッシュするために意訳しておきます。
このモデルは2012年のshotshowから開発中で展示されていました。
レポーターからはロングジャーニーとも心配されています。

尚、ASGはレプリカアクセサリーを作っているデンマークの企業で、たまに出てくる中国の変な企業ではありません。



とうとう最終モデルまで落とし込めた。一生懸命生産してます。
春には少量出したい。
人柱はこの銃をフィールドに持って行って知名度を上げて欲しい。その後の市場の反響を見ながら増やしていきたい。
(ここでレポーターにCZは十分有名だよと突っ込まれています)
知名度があるといいんだけど、とにかく私達はこの製品が大好きだよ。

トリガーに回路組んでActiveBrake機能と3点バーストありで、ボルトストップ付き。
ストックを外せば一瞬でスプリング交換が可能。箱出しの初速は350fps(105m/s)
(フルオートに切り替えられないシーンが出てますが、展示品の問題で市販品は大丈夫と言っています。)
ゲーマーがノーマルサイトを使わないことを知っているので、価格下げるためにサイト同梱しないという方向もある。


ARESやKAと同じ方式のスプリング交換方法なので、
海外ショップから個人輸入される方はデチューン費用0$を期待してもいいと思います。
ただ、会社概要のセールスマネージャー担当地域にJapanが入っているので、
もしかしたら日本に普通に入ってくるかもしれません。
余裕があれば私はIYHしようかと思います

via Reddit, Thumpy's 3D House of Airsoft

  
タグ :SHOTshowEVO

Posted by newshub at 18:47Comments(0)新製品

2014年01月14日

女性トップシューターVeraKooのメンタル

Mr.Sevignyのお次は女性トップシューターを紹介したいと思います。

公式ページの紹介文を引用すると、
"3人の子供に恵まれ、4人の孫がいます。
家事と不動産ビジネスのマネジメント両立させながら、
その合間に射撃の練習をこなしています。
射撃だけではなく、スキー、ウインドサーフィン、乗馬のエキスパートでもあります。”

 



そう、今回はスーパーおばあちゃん

公式サイトに何故ゆえ”日本語”が用意されているのか疑問に思いましたが、
読み進めているとイチロー氏とも交流があったようですね。
気になる方はチェックしてみてください。
http://verakoo.com/site/ja/

Interview with Vera Koo, World Champion shooter
http://www.thefirearmblog.com/blog/2014/01/12/interview-vera-koo-world-champion-shooter/


中国系アメリカ人VeraKooは67歳にして世界のトップシューターである。
彼女はビアンキカップの女性部門を8回も優勝しており、
世界選手権のタイトルを2つ保持している。
(ビアンキカップとアメリカンハンドガンナー全国大会Man-on-Man ShootOff)
Veraはカリフォルニアのベイエリアで生まれ、射撃を始めたのは45歳からである。

The Firearm Blog(以下TFB):
The Firearm Blogへようこそいらしてくださいました。
まず最初に、45歳という射撃を始めるには驚きの年齢でスタートしたということについて質問しましょう。
新しいことへ挑戦するのに”遅すぎ”はないと、人々を鼓舞しているのではないでしょうか。

新しい参加者を得て広がりつつある射撃競技ですが、きっかけはなんでしょうか?
そして、新しく始めようとする人にアドバイスはありますか?

Vera:
実は銃がとっても怖かったんです(注1)。
それでアンザコミュニティカレッジのハンドガン安全教室に行ってみようと思いました。
初心者教室を終えた後、中堅クラスから上級者クラスまで修了しました。
教官の許可をもらって2週もしたんです。
カレッジでは4半期のクラスを計7つ履修したことになります。内容は銃の取り扱いと安全についてです。
クラスから提供されたリボルバーとセミオートについて取り組みました。
その時の教官がブルズアイの競技者で、
彼から遅咲きの参加者でもランクを駆け上がるという”競技者”としての基礎を学んだんです。

TFB:
使用している銃とギアとその理由も教えて下さい。

Vera:
私の銃とギアはスポンサーから提示された物を選んでいます。凄まじいサポートをしてくれますからね。
ビアンキでのオープンクラスはDonGolembieski(注2)がカスピアンを中心に組んだ物と、
GarthPeterson(注3)によるNowlinCustomです。
それと今はインディカーの元クルーチーフだったGeorge Huening(注4)に新しいのをお願いしています。

弾薬はAtlantaArms&Ammoのカスタムロードと以下のレシピの物ですね
・パウダーはLoad-X CompanyのVihta Vouri N320
・弾頭はHornady 115gr XTPHP
・プライマーはFederal small pistol
・薬莢はStarline

後はAimpointのC3reddot、WarrenMooreのマウントにGilmoreのウィング付きシュラウドです。
イヤープロテクターはProEarとProfitのノイズキャンセリング。

TFB:
あなたの"戦士"としてのメンタルについてお聞きしたいのですが、よろしいでしょうか。
恐らく、あなたの成績に大きく影響している要素ですよね。
誰でもどの競技でもスキルは自分で組み立てなければならない、
しかし一部のアスリートはそういった精神をおざなりにしている。
どのように戦士としてのメンタルを自覚しているのか、またどうやって組み立てているのか教えてください。


Vera:
攻めのメンタルは己の恐怖にどうやって正面切って向き合うか?ということと、
どのようにチャレンジするかだと思います。
それはゲームに参加するから生まれるんです。
究極的には自分で自分を打ち勝つことだと思います。

"クリア"な意識というのは成績にクリティカルに効いてきます。
決意と忍耐力を貫き通すのは不可欠で、精神的な意欲と肉体を維持することがよりクリアにさせるのです。。
そのためには乱れた食生活をしないことと、睡眠をしっかり取ることも非常に重要なことになります。
摂取したカロリーは約20%ほど脳が使うと言われてますし、
睡眠はあなたの意識をより鋭敏にし、体力はマッチ中のメンタルを支えるんですよ。
瞑想するのもいい手です。心の平穏を保つことに役立ちますからね。

競技初日にヘマをしても、ミスした気持ちを受け流して冷静になれるかは意思によります。
自信はメンタルの重要な点ですね。

信念はミスからの復活に役立つでしょう。
もちろん、図太い神経であるというのもいいかもしれませんね。

シューターにとって、射撃というスポーツは自分探しの避難所なんです。
結果がどんなに悪いものであっても問題はありません。
家に帰ることはできるし、家族や仕事が失われるわけではありません。
競技の結果があなたの人生を危機に陥れることはないんです。
調子は戻るもので、次のマッチでいい結果を出せばいい、
マッチの結果から良い教訓を得られることが次のステップとなるのです。

TFB:
2013年のビアンキカップ中、右膝が故障しながらも戦ったことがいい例になりますね。
あなたは本当に根性や経験をフルに使った執念を見せてくれました。
TFB読者にあなたが行ったリハビリとダイエットを教えていただけませんか。

Vera:
右足の下腿の手術(注5)の後、上体のトレーニングを行っていました。
症状からみるに相当ハードなリハビリしないと復帰出来ないことはわかりました。
医者や介助師からのメニューを勤勉にこなしました。
その後、著しく回復傾向にあることを教えてくれたんです。

東洋医学による治療(注6)も行いました。たくさん寝て、たくさん食べて、適切な薬を飲む。
特に最初の2つをね。

夫は毎日たくさんのご飯を食べさせてくれたし本当に支えになってくれました。
術後、半月の間1日4000kcalも取ってたんです。

卵、ベーコンやパンケーキかナッツを入れたオートミール特盛りとフルーツを朝食にしていました。
昼食と夕食では400gのステーキかサーモンステーキ、付け合せは巨大なスイートポテト、
1日に必要な摂取量の2倍のブロッコリー、人参やカリフラワーです。
おやつにはチョコチップケーキ、ケーキや大量のフルーツ。
友人たちが特別なスープを作ってくれることもありました。まるで豚のようですが治すためですよ。

食べ続けることで復活したんです。より強くなってね。

ダイエットなんですが、”気”でカロリーを消費しました。


TFB:
常にステーキ!信じられない。
もし骨を折ったら、私はリブアイステーキ(注7)にします。
それで痩せたら“Vera Koo”ダイエットと呼ぶんです。
で、射撃をする前にどのようなマインドでいますか?

Vera:
私は2,3度深呼吸をするんです、そうすると筋肉の調子がよくなってストレッチになります。
装備をチェックした後は何も考えることはありません。
静けさを保ち競技のラインに立つまでは誰とも会話しません。
私には何が必要なのか?と集中する必要があるんです。それ以外は何もできません。
そういったモヤモヤをなくすことはできません。
実際、ステップラインに立ったら、誰ともアイコンタクトできなくなります。
もう自分の世界ですね。

TFB:
本を書かれてますよね。アピールをお願いします。

Vera:
人生の教訓は自らやらなければ自覚できないことを理解していますし、
それ故にある年齢になったら体と精神はボロボロになっているでしょう。
他人の人生を観察することでわかることもあります。

私の本は私が得た人生の教訓について書いてあります。
他人が知り得ない私のみが分かることをね。
私は自分の物語が切っ掛けがなかった人たちにとってインスピレーションを与えることを信じている。
人生の十字路で悩んでいるか、見つからない意義を求め続けるような人たちにね。



注1:別インタビューで恐怖心に対しては真っ向勝負で打ち勝つものと信条が語られてます。
 また当時、Veraの周囲で凶悪事件が発生していたため、セルフディフェンスの必要性を感じていたようです。
 http://verakoo.com/article-downloads/ja/VeraKoo_Gentry_Jan_2007_ja.pdf
注2:Kodiak Precision http://www.kodiakprecision.com/index.htm
   表面加工の名手で、SVとかも手がけています。
   たまにサボるそうですが、彼のスタッフもこれまた優秀なので問題ないそうです。
注3:世界のトップシューターが選ぶナウリンのバレル。GarthPetersonはそのバレルをフィットさせる天才だそうです
 50ヤードを立射の時のグルーピングは2インチを切るとかなんとか
注4:P9やらCZやら1911でも何でも来い!なスミス。5千発無故障という報告もネットで見られました。流石インディ上がり。
   http://www.gh2custom.com/index.htm
注5:血を想像させるところは訳しませんが、一般的な関節補強だと思ってください。
   結構酷い感じだったようです。
注6:西洋医学では絶食状態にすることで回復を狙います。安易に真似はしないでください
注7:あばら付近の柔らかい赤身のステーキ。20ドルも出せば、アメリカ人が赤身最高!と言う理由が体感できる。

以上、稚訳でした
  

Posted by newshub at 20:35Comments(0)インタビュー

2014年01月13日

トップシューターSevigny

赤羽フロンティアさんでスピードシューティング体験をさせてもらったり、
Youtubeで競技の動画を眺めていると”競技”というものに興味がガンガンわいてきます。
物欲の方向性を定めるためにもトップシューターへのインタビューを訳してみることにしました。

尚、この訳は私がTactical-lifeの記事を直感で意訳したものであり、同誌やMr.Sevignyに直接お伺いしたものではありません。
意訳も正確に汲み取れている物ではないことにご注意ください。

Dave Sevigny Interview: FAQ
http://www.tactical-life.com/exclusives/dave-sevigny-interview-faq/




Dave Sevigny
TeamGlockのチームキャプテン及びSevignyPerformance




経歴(2008年当時)
USPSA National 優勝7回
IDPA National 優勝6回
IDPA Winter 優勝5回
TSA National 優勝2回
Steel Challenge IDPA 世界チャンピオン2回
Winchester World Challenge 優勝2回
Light and Laser Invitational 優勝
Steel Challenge Limited National 優勝
IPSC World and Pan Am Production 優勝

Q.Sevignyの発音は?
A.
 私の父はカナダのケベック州生まれで、そこではgの発音はしません。
従って、"セブン"に近い発音で語尾は"E"に近い音です。
私達はアメリカでいつも"セヴィニー"としています。
まぁ他の発音でも大丈夫ですよ。

Q.SevignyPerformanceとは?
A.
 非常勤でシューティング関連の企業を運営しています。詳細はwebで!
www.sevignyperformance.com
www.davesevigny.com

Q.拳銃や射撃競技に興味を持ち始めたのはいつ?
A.
 拳銃を始めたのが20歳から、始めた時はコネチカット州に居たので、州法の最低年齢だね。
その時は週に100から200ぐらいは撃っていて、最初はS&WのリボルバーでModel13というやつ。
Glock23に拘る前は40口径を色々試したかったんだ。
 そして、その2,3年後に射撃競技に興味を持ち始めた。
1997年のGlockスポーツ射撃財団のマッチに参加し、その後はIDPA、USPSAやスチールチャレンジに取り組んでるよ。


Q.どの位練習するの?
A.
 場合によるけど、週に8~24時間程度で、年間約5万発撃つよ。
どの競技に特化するということなく、色んな競技に取り組んで練習するんだ。
スチールチャレンジだったら8種(注1)全部を練習するね。
 
 プラクティカルシューティングというのは本当にもう入念な準備が必要で、IDPAやUSPSAを狙えるぐらいに練習する必要がある。
練習にはプレートそのまま並べただけったり、カバー射撃とかを混ぜたりする。
5-50ヤード(1ヤード=0.91m)の距離に対してドロー、リロードやトリガーコントロールだけに費やす日もある。
また、ある日は始めから終わりまで通してみたり、ムーブやトランジションを行う。
ほとんどは練習したい項目を混ぜて、レンジをセットするんだ。ムービングターゲットは時々しかやらない。
毎週ベストを引き出せるように色々挑戦してるよ。

Q.IDPAで最高のスコアを出したステージは?またTacticalShootingAssociationでは?
A.
 全3ステージをSSP仕様(注2)のGlock34で計61秒のスコアを達成したんだ。
細かく言うと19、17、25秒で、普段は何を使っても大体計64-67秒。
全部うまくやろうって試そうとは思わなかったけど、その時は調子がよかったね。
ほとんどトップシューターは70秒切るか切らないかぐらい。
 TSAでは60秒中盤くらいだよ。70秒切ればグランドマスターに入れるね。
TSAでグランドマスターに入るには精度とテクニックの両方を強いられる

Q.USPSA5部門 (Limited, L-10, Production, Open and Single Stack)グランドマスターという類まれな存在として、
ランクアップに取り組んで人たちにアドバイスを下さい。
A.
 自分に合ったビジョンを持って取り組むということだね。
競技の全ステージを攻めの姿勢でいくのと同じだね。
これはどのランクにだって同じ。

 大事なのは1つ1つ自分のベストで撃つことと、A-zone(注3)を取っていくこと。
ラッキーショットばかりでなく、一貫した姿勢が大事なんだ。
USPSAは人数比率でランク分けされるからさ。

Q.どの競技、どの部門が好きですか?
A.
 USPSA Production(注4)だね。
競技的にシンプルなんだ。弾数やホルスターとか条件統一だからね。
内部、外部カスタムも高くつかないのもいいよ。
USPSAは公平な競技であろうとしている優れた競技だね。
 
 シーズン毎にアメリカでは色々な部門が育ちつつあって、拳銃という懐の広さを見ることが出来るよ。
なんでかっていうと、トップシューターは皆"競技"が大好きなのさ。

Q.何故Glockをメインに使うのですか?
A.
 Glockが信頼できる製品だから。
初めて選んだのがGlock23(40口径、コンパクト)で、当時の好成績はこれだったんだ。
それで、Glockシリーズを試してみて、自分に合うモデルを見つけることができたよ。

Q.いつからGlockの顔になったのですか?
A.
 Glockから支援を受け始めたのが2000年始めで、2003年の春にGlockから職としてのオファーを貰ったんだ。
コネチカットからジョージアに移り、GlockSportShootingFoundationの一員として努力してきたよ。
また、ピストルチームの1つの仕事として、チームGlockは2,3年前からマーケティング部門になった。
それで、ショーに行ったり、プロモーションをしたり、マッチを主催したり色々な支援もしてるんだ。
ある日は事務仕事、ある日はシューター。今の仕事は大好きだね。

Q.競技者向けのGlockはなんですか?
A.
 競技にもよるけど、基本的にはGlock17をお勧めするよ。
Glock17は全ての競技に対して実用的だし、何より9mmは安くて撃ちやすい。
色々使ってみたけど、今でも使ってるのが17、19で必要あらば21SF(45ACP)で、
より競技向けに好きなのはGlock34と35。
Teamglock.comで選択のアドバイス出来るから試してみて。

Q.USPSAで他の部門に出る際は非Glockユーザーになるの?
A.
 シングルスタックだとSpringfieldかCaspianの45口径、JOJOカスタム(注5)の1911を使ってる。
練習ではSpringfieldの1911(9mm)はメインにしてて、こいつはジョージア州のHarrisonDesignカスタム(注6)だよ。
Open部門ではショートのSVI(9x19)かフルサイズSVとSTI(38口径)SuperCompだね。

Q.右利きだけど利き目は左と聞きましたが本当ですか?
A.
 そうだよ。でも問題はないね。
慣れてる目で撃つことが重要だよ。

Q.Glockにはどんなカスタムを施してますか?
A.
 Production部門ではサイトとスプリングを変えるのと、場合によってはトリガー部分を軽く研磨してる。
Glock34と100ドルの部品を買って15分も作業すれば僕と同じモデルが手に入るよ。
別に銃本体や部品を選別したことは本当にないね。
 
 Glockの品質管理に欠点はなくて、地域のディーラーに行けば同じ物が手に入るんだ。
Carryピストルだったら、サイトをSevignyCarryTritiumのWarriorFinish(注7)にするね。
フロントサイトは緑、リアサイトは黄色にして耐摩耗防蝕コーティングをする。

競技向けに以下のレシピで組むことはある。

○Glock 34- USPSA Production, IDPA SSP and Steel Challenge Limited
-Sevigny Competition plain black sights by Warren Tactical Series.
  注:インドアの時は Sevigny Carry Tritium sights.
-Standard factory Glock slide stop lever (replaces extended version)
-Wolff Gunsprings- Conventional 14 lb. recoil spring, reduced firing pin spring, trigger spring (optional change), firing pin safety spring (optional change), steel guide rod (USPSA only) or stock Glock rod with the cap removed (IDPA/SSP division)
-Polishing to trigger parts (必要であれば)
-Trigger pull weight 4-4.5 lbs.

○Glock 35- USPSA Limited and USPSA Limited-10
○Glock 21SF- USPSA Limited-10, IDPA CDP and Tactical Shooting Association Full Size
-Sevigny Competition plain black sights by Warren Tactical Series.
-Frame stippling
-Sevigny Speedway mag well modification by South Paw Custom
-Standard Glock slide stop lever (replaces extended version on G35)
  注:サポートハンドへの食い込みを減らしたいのなら、延長部分を半分にカットする (G35 only)
-Wolff Gunsprings- Conventional 15 lb. recoil spring, reduced firing pin spring, trigger spring (optional change), firing pin safety spring (optional change), steel guide rod (G21SF). Note: G35 has a “T.H.E.” tungsten guide rod.
-Polishing to trigger parts (必要であれば)
-Trigger pull weight 4-4.5 lbs.

○Glock 17 customized by S&J Customs- Steel Open divisions
-9×19 KKM barrel with S&J aluminum compensator
-C-More Railway, 8-minute dot
-S&J aluminum C-More mount
-S&J aluminum magwell (used for balance and support hand contact)
-S&J stainless guide rod
-Wolff conventional recoil spring (modified Gov’t model spring) estimate 11-13 lbs.
-Wolff reduced firing pin spring
-Polishing to trigger parts
-Trigger pull weight 4 lbs.

Q.多くの優勝ベルトが貴方の手元にありますが、思い出深いのはありますか?
A.
 一つを選ぶのは難しいね。毎シーズンに2,3回ほどすっごく調子のいい時があるんだ。
でも初めて参加したIDPAの S&W Winter National championshipが一番で、僅差で 2001 IDPA Nationals。
WinterNationalでは”ホーム”で素晴らしいフィーリングで勝利することが出来たし、皆の支えがそうさせたんだ。
その後も優勝タイムから4分の3秒内に留まり、厳しいシーズンを戦い抜けた。
友人達との思い出、競技者としての思い出だね。


注1:5toGo,Showdown,Smoke&Hope,OuterLimits,Accelerator,ThePendulum,SpeedOption,Roundabout
注2:StockServicePisotlの略で、ダブルアクションもしくはセーフアクションで9mmなどの規定
注3:ターゲットの中心
注4:いわゆる市販品部門。2000丁以上市販され、改造については厳しい規定がある。
注5:コネチカットの工房。幽波紋ではない。http://jojosgunworks.com/
   エングレーブに目が行きがちですが、素モデルでも3,500ドルと素晴らしいお値段。kimberより高い
   尚、エングレーブは1,500ドルとこちらも素晴らしいお値段と技。
注6:http://www.harrisoncustom.com/ 大体800ドル程度ですが、スミスは素晴らしいお方だそうです。
注7:なければ自分で作ればいいじゃないのというアメリカ精神 http://sevignyperformance.  

Posted by newshub at 22:27Comments(0)インタビュー

2014年01月12日

VSS KAvsEcho1(S&T)

北米大手ショップEvikeがKA製VSSとEcho1のVSSを比較しています。




KA製VSS


Echo1のVSS


大きな違いは以下の点になります。
KingArms
・木製ストック
・バッテリーはサプレッサーの中に収納
・マガジンはフルサイズの物が1つ付属
・セーフティプレートは”セーフティ→ファイア”で、セミフルの切り替えはトリガー裏のスイッチを利用する




Echo1
・ポリカーボネートのストック
・バッテリーはストックの中
・マガジンはショートサイズ2つ付属
・PSO-1が装着できない(恐らくトップカバーが厚いかマグウェル部が薄いため)
・サプレッサーがKAよりも1インチ長い
・セーフティプレートは”セーフティ→フル→セミ”




恐らくEcho1と同等の物がS&Tとして日本に入ってくると思いますが、
リアルサイズPSO-1が付かないということは専用の物をS&Tがこしらえてくれるのでしょうか?
KAはKAでバッテリー選びそうなので面倒くさそうです。


両モデルとも仕様が若干違うので人柱になる方は色々情報を集めてみては  
タグ :VSS

Posted by newshub at 12:25Comments(0)新製品

2014年01月11日

マルシン57(CO2)

冬の救世主CO2ガスブローバック




過去にCO2は簡単にパワーが出せるという理由で犯罪に使われており、
総務省や警察からチクチク言われてたと思います。
ただ、販売元のマルシンとしては絶対に改造させない、改造すると壊れる機構ということでのチャレンジです。

それ故色々あったのか、開発アナウンスから待てど待てど一向に情報が更新されません。
ホビーショー等でもモックしか展示されておりませでした。

ところが昨年11月ぐらいから海外経由で情報が伝わってきました。



SpartanImportsというアメリカの商社が取り扱うFiveSeven(CO2)に"made in Japan"の文字が記載されていることがRedditで話題になりました。
どう見てもマルシン製です、本当にありがとうございました。

そして何気なく2chのマルシンスレを眺めてますと、動きがあったとあるじゃないですか。
TOPに来てるぞとの書き込みを見て興奮しております。
是非とも冬の間に発売して欲しいですね。

マルシンwebサイト

動作デモも公開されていますので、気になる方はチェックしてみては


  
タグ :CO2

Posted by newshub at 12:59Comments(0)新製品Reddit